13日の金曜日の代名詞的な殺人鬼

ハリウッド映画でホラー映画として人気を博し、日本でも人気のシリーズとなった「13日の金曜日」シリーズの殺人鬼です。ホッケーマスクを被った巨漢の殺人鬼のイメージで日本でも広く知られ、様々な漫画やアニメなどで彼をモチーフにした殺人鬼が登場するに至りました。

一作目ではジェイソン本人は虐めに遭い麻袋を顔に被されて、クリスタル湖に突き落とされ行方不明になるのですが、そのことを恨んで狂気に堕ちた彼の母親が殺人鬼となります。

そして、母親が殺されその恨みを晴らすため、第二作目からジェイソン本人が殺人鬼として活躍することになります。不死身の肉体と超人的な腕力を活かして、次々と犠牲者を血祭りにあげていきます。基本的には、反撃を受けて倒されるジェイソンなのですが、彼は回を追うごとに強くなって復活します。そして、ほぼ不死身で悪霊的な存在にまで昇華されていきます。

そんな超常の存在になったジェイソンは、同じくハリウッド映画で不死身で悪霊的な存在のフレディ(エルム街の悪夢)とも共演を果たしています。 そんなジェイソンの人気は現在も衰えておらず、13日の金曜日シリーズはリブートされる予定になっています。