何度もシリーズ化されたハリウッド映画『エルム街の悪夢』

エルム街の悪夢はハリウッド映画の中でも何回もシリーズ化している人気の高いホラー映画の1つです。

主役となる殺人鬼は黒のズボンと赤と緑のボーダーのセーターを着て、こげ茶色の帽子をかぶり、長い爪先となる鋭い4本または5本の刃で人々の夢の中に現れてきます。そして夢の中にその殺人鬼が現れるともう最後、夢の中なのに逃げられず命を狙ってくるのです。

そして夢の中のはずなのに命を奪われると現実でも命を失ってしまいます。殺人鬼は夢の中では不死身で何度攻撃しても殺人鬼はよみがえり、夢を見ている人を襲ってきます。まさに悪夢といわれる物語で、その殺人鬼はブラックジョークを言いながらユニークなやり方で命を奪っていくため、映画の中では人気の高いキャラクターとなっておりグッズを販売するとコレクターも現れるほどなのです。

その殺人鬼にも弱点がありまして、その弱点は人々がその殺人鬼を怖がらないようになることで、多くの人が怖がるからこそ殺人鬼が強くなっていくという少々皮肉めいたものでもあります。

エルム街の悪夢は、1984年から2010年までそのシリーズ化した物語が制作され公開しております。何本かシリーズ化されると徐々に主役となる殺人鬼のブラックジョークがなくなっていき、まさにシリアルキラーと化されていくのですが、それでも今でも話題をよぶほどキャラクターの人気は衰えることがなく2010年でも制作された映画は多くの人が鑑賞されていました。

数多くのファンもいる殺人鬼フレディ

世の中には数多くの映画ファンが存在しています。そして映画ファンの好きなジャンルは人それぞれ異なります。例えば邦画が好きな人もいれば洋画が好... 気になる詳細はこちら⇒