ゾンビ映画の代名詞ともいえるバイオハザード

バイオハザードはもっとも有名なゾンビ映画だといえます。ハリウッド映画特有の派手さがあり次の展開をドキドキハラハラにさせてくれる次はどうなるんだろうと思わせてくれる作りになっています。

バイオハザードはゲームにもなっているほど人気で、ゾンビに追われる緊迫感と人間の感情の変化などの移り変わりなども見えて、追い詰められた時の人間の本質まで描かれています。

もともとバイオハザードの意味は生物兵器という意味で、その名の通り人間が作ってしまった感染兵器が原因で起こってしまったことを題材にしています。その兵器を作って世界を混乱の渦に陥れた会社がアンブレラ社といい映画の中での悪役です。世界をゾンビの世界にしてしまった後でも自分たちは安全なシェルターに隠れつつ実験を続けるという世界の混乱の鎮静化より自分たちの身の安全と利益を優先する組織で、生き残っている人たちのことも利用しようとするなど残虐な思考の会社ですが、その全貌はいまだにすべて明かされていないというミステリアスな部分も展開が予測できずにおもしろい部分です。

そもそも発端は一つの会社から始まっているのですがそこで明かされる事実は主人公であるアリスが特別な存在であるということだけです。そのアリスを中心にアンブレラとの熾烈な戦いが繰り広げられていくのです。

これまでバイオハザードは1から5まで映画化されていますが日本では2017年に新作の6が公開される予定で今出ている5では宿敵であるウェスカーが最後に意味深なことを言って終わっているので新作であり最終章であるバイオハザード6の展開が気になるところです。

人間の能力を超越した存在、アリス

不思議の国のアリスの物語は、ハリウッド映画としても近年映画化されています。最近話題になったある映画の中では、主人公がすでに子供ではなく19... 気になる詳細はこちら⇒