ハリウッドのホラー映画における特徴はコレだ

毎年ハリウッド映画において多くのジャンルが制作されていますが、その中でホラーというものがあります。恐怖感を味わうことをコンセプトとしたジャンルとなっており、13日の金曜日やエルム街の悪夢などといったシリーズが有名です。

アクション映画とは別の面白さがあるジャンルとなっており、怖いもの見たさで観賞するといった目的があります。

またハリウッド映画におけるホラーの1つめの特徴として、グロテスクなシーンが多用されるということがあります。出血シーンや人体切断シーンなどがよく使用されるので、そういった場面を直視することが出来ない場合には注意が必要です。人が死ぬといったことがよくあるジャンルであるため、これがハリウッド映画のホラーというジャンルの特徴でもあります。

そして2つめにおける特徴として、モンスターが登場することが多いジャンルでもあります。殺人鬼といった怪物はもちろんですが、ゾンビやヴァンパイアといったモンスターが登場するのもまた特徴となります。特にゾンビ映画については、毎年必ずといっていいほど制作されているジャンルとなっています。ハリウッドではこういった流血シーンを多用することが多く、ゾンビといったモンスターに襲われる映画を作ることが多いです。これも1つの特徴となっており、そういった恐怖感を味わうことが出来るように制作されています。

また日本映画でもホラーというジャンルが制作されますが、ゾンビといったモンスターはあまり登場することがないです。その代わりハリウッド映画と異なる点として、視聴者に対して心理的恐怖を与えるということに特化している傾向があります。

モンスターに襲われるといった内容ではなく、物音や暗闇などを上手に演出することで制作していくことが多いです。そのため日本のホラー映画の中には、心霊系や呪いや恨みといった概念が多用されることがあります。ハリウッド映画とは見せ方が異なっているので、これもまた日本映画の大きな特徴でもあります。